ドラマ「必殺仕事人V 激闘編」の動画を視聴する方法について書いています。

U-NEXT

(必殺仕事人5 激闘編は2020年3月31日 23:59まで配信)

配信されています(・∀・)b

 

unextで「必殺仕事人V 激闘編」の作品詳細ページを見る

U-NEXTで必殺仕事人5 激闘編を視聴する手順

 

 

1 unextの無料トライアルキャンペーンに申し込む

2 ログインしたらメニュー(右上)から必殺仕事人V 激闘編を検索

3 動画を視聴開始

 

必殺仕事人5 激闘編は見放題作品になっているので、

無料トライアル期間中は配信されている話は

全話見放題で好きなだけ見ることができます。

 

また、必殺仕事人5 激闘編以外にもunextは見放題で見れるドラマ作品が

300タイトル前後、ポイント制が400タイトル前後(記事更新時点)あるので

期間中は無料で楽しみ放題です(・∀・)b

 

unextまとめ

・31日間「見放題」と書いてある作品は見放題(50000動画以上

・トライアル申し込み時に600ポイントもらえます

・31日以内に解約すれば無料です

 

U-NEXT31日間無料キャンペーンページはこちらから

>>>ドラマ「必殺仕事人V 激闘編」動画を無料で見に行く<<

「必殺仕事人5 激闘編」の作品詳細

必殺仕事人V 激闘編 作品詳細

仕事人組織「闇の会」から、何でも屋の加代が仕事を引き受けてくる。しかし相手が大物の神尾将監と知ると、主水も組紐屋の留、鍛冶屋の政も難色を示す。そんな時、処刑で元締を失い裏家業ができない壱、弐、参の3人が助っ人として使ってほしいと願い出る。

出演
(中村主水)藤田まこと
(何でも屋の加代)鮎川いずみ
(組紐屋の竜)京本政樹
(鍛冶屋の政)村上弘明
(参)笑福亭鶴瓶
(弐)梅沢富美男
(壱)柴俊夫

監督
工藤栄一
松野宏軌
田中徳三
小原宏裕
津島勝
原田雄一

音楽 平尾昌晃

脚本
吉田剛
保利吉紀
石川孝人
篠崎好
宮崎晃
中原朗
林千代
鶉野昭彦
(ユーネクストより)

必殺仕事人V 激闘編 各話あらすじ

第1話 「殺しの番号壱弐参」
奉行所の仕事人狩りが厳しくなり、主水らは鳴りを潜めていた。だが困窮した加代は、標的が北町奉行とは気付かずに仕事を引き受けてしまう。そんな中、主水たちの身辺に怪しい男たちが現れるようになった。

第2話 「大仕事!大名殺し」
江戸で、井戸水を飲んで急死する者が続出し、奉行所は井戸の警戒にあたっていた。そんな中加代は闇の会で仕事を請ける。その標的は江戸留守居役・久坂長勝の息子・恭四郎で、依頼主は恭四郎の母・美濃であった。

第3話 「大難関!大奥女ボス殺し」
闇の会で加代は、大奥御年寄・阿茶局殺しを50両で請ける。だが主水、竜、政は、この難仕事を断ってしまった。そこに現れた弐は、加代に仕事料の大半を要求。その上で、主水らを担ぎ出す秘策を加代に授けた。

第4話 「顔と態度で損した親分の一生」
今度の仕事の標的は、民百姓にも人望が厚い上州伊香保村の親分・仁吉。主水らは伊香保へ向かうが、加代はそこで依頼人を見掛ける。その男の正体は、荒熊の吉蔵と呼ばれる親分で、村の嫌われ者だというが…。

第5話 「りつの家出で泣いたのは主水」
奉行所に「鬼を見た」という訴えが相次ぐ。主水は目撃談のあった芝・金杉へ赴くが、そこには南蛮渡来品を扱う長崎屋があるだけだった。一方、闇の会に出席した加代は、長崎屋の女将・ぎんらを仕置する仕事を請ける。

第6話 「加代、丸坊主になる」
今度の標的は芝・建徳寺の大僧正・隆顕。だが隆顕は公方様も一目置く大物で、僧兵を従えた難敵だった。政によると、この寺は駆け込み寺として有名な尼寺・忍性院と秘密の通路で繋がっているというのだが…。

第7話 「主水、正月もまたイジメられる」
闇の会に新興やくざ・入船屋銀平殺しの頼みが入る。頼み人は、梅若一家の滝夜叉の佐吉。だがこの依頼は仕事料が安く、やくざの助太刀ということもあって流れた。そんな中、参は佐吉と親しくなっていき…。

第8話 「初夢千両殺し」
京の闇の会から、姉三六角蛸錦と呼ばれる外道仕事人一味を仕置してほしいという依頼が入る。加代はこの大仕事に張り切り、主水を残して竜や政と共に京へ向かった。そして主水も、公務で京都へ赴くことになる。

第9話 「せん、むこ殿をイビる」
江戸では、金をもらって盗みを働く盗み屋が噂になっていた。そんな中、加代は火盗改方頭・神谷一徳殺しの仕事を請けるが、仕事料が少なく主水には頼みづらい。これを知った壱は主水を外すよう加代に持ち掛ける。

第10話 「主水 雀の丸焼きを食べる」
将軍の甥・田安忠清には、貧乏浪人を嬲り殺すことを楽しんでいるという噂がある。そんな中、闇の会に田安殺しの依頼が入った。加代が迷っているうちにほかの仕事人たちが請けたが、田安らに返り討ちにされ…。

第11話 「加代、何でも屋婆さんに驚く」
加代と同じ長屋に住む婆さん・ぎんが、北町奉行所同心・中村左門の仕置を闇の会に依頼。おぎんに肩入れする加代は2両でこの仕事を請けるが、主水らは納得しない。左門は北町を代表する剣の使い手だった。

第12話 「頼み人は津軽のあやつり人形」
主水は、女のお化けが出るという苦情の調査で上野の森へ向かった。そこで盲目の三味線弾き・小吉と人形遣いの兄・喜太郎と出会う。一方加代は闇の会で、陸奥藩主・田野倉らを仕置する仕事を5両で引き受けてしまう。

第13話 「主水の上司 人質になる」
加代が闇の会から、奇妙な仕事を請け負う。依頼人は旅芸人の娘で、標的は彼女の両親を惨殺した押込み強盗の2人組。手掛かりは1人の左腕の刀傷と、数え歌を口ずさむ癖があることだけ。顔も名前も不明だという。

第14話 「せんとりつ 不倫する」
画商・南雲堂の主人・徳兵衛は、絵の展覧会で息子を入選させ将軍家御用絵師にしようと、審査員の買収を画策する。だが貧しいが腕の良い絵描き・重春が邪魔だった。重春の女房お峰は、必死で生活費を稼いでいたが…。

第15話 「主水、卵ひな人形をこわす」
八千石の大名・八島は、ひな人形の蒐集が趣味だった。材木問屋・大黒屋重兵衛は、ひな人形作りの名人・荒月の最新作を八島のために入手しようと画策。だが荒月は、今作っている七段びなを売る気は一切ないという。

第16話 「主水、クモ男を捕り逃がす」
主水は、覗きが趣味の老人・茂平次を注意。そんな中、加代は闇の会で、茂平次が吉原の総元締・丁字屋松ヱ門殺しを50両で依頼したことを知る。請ける者が現れないのでこの仕事は流れたが、興味を持った加代は…。

第17話 「江戸の空にハレー彗星が飛ぶ」
金持ちの蔵前の札差・筒見屋藤兵ヱが、加代を嫁にもらいたいと言いだした。ケチで有名な藤兵ヱは、加代のがめつさが気に入ったという。加代は藤兵ヱとの結婚を真剣に考え始め、裏稼業から抜けようとするが…。

第18話 「主水、お嬢様に振り回される」
江戸では「お嬢様」が大人気。これを受けて加代は「お嬢様養成講座」を開くことにし、政の知り合い・お千賀に琴の先生を依頼。その頃お千賀の息子・仙之助は、両替商・武蔵屋の娘・佐代と恋仲になるのだが…。

第19話 「主水、羊かんをノドにつめる」
品川問屋場の人足・助五郎が仲間の人足2人を殺して逃亡した。問屋場を束ねる廻船問屋・天狗屋唐ヱ門は助五郎の人相書きを江戸中に撒く。そんな中、闇の会に唐ヱ門殺しの依頼が舞い込む。その頼み人は助五郎で…。

第20話 「主水、健康診断にひっかかる」
参は、丑の刻参りする若い女を目撃。その藁人形には壱、弐、参と書かれていた。女の正体は、売り出し中の女絵師・喜多川春草。だが参には彼女に恨まれる覚えはなく、壱も同様だ。参は、春草の身辺を探ることに。

第21話 「せんとりつ、酔って暴れる」
竜は、おるいという若い女と知り合い、親しくなる。だが彼女は、廻船問屋・香川屋が密かに開く賭博場兼売春宿で客を取っていた。一方これを知った主水は香川屋を脅すが、香川屋の背後には火盗改方が控えていた。

第22話 「せん、女ひとり旅する」
若い娘が行方不明となる事件が続発するが、これは川船奉行の小田切と廻船問屋・若松屋の仕業だった。そんな中、壱は御茶問屋・駿河屋の娘・お佐代とその乳母・お幸と知り合う。お幸は、壱を我が子のように慕い…。

第23話 「組紐屋の竜、襲われる」
竜が何者かに襲撃された。襲ったのは呉服屋・和泉屋冨十郎の女房・お志津と同店に務める卯之吉。2人は、殺された仕事人の元締・源兵ヱの仇討ちで竜を襲撃したのだ。後にお志津は、闇の会に竜殺しを依頼する。

第24話 「主水、上方の元締と決闘する」
江戸の仕事人たちが次々と殺され始め、主水たちは緊迫する。闇の会の元締は、上方の元締・天満屋彦兵衛の仕業だという。そんな中、壱はかもめという女と知り合い深い仲になる。だが彼女は仕事人で彦兵衛の娘だった。

第25話 「主水、紫陽花の下に金を隠す」
江戸で梅川菊之丞一座の芝居と手踊りが大評判になる。しかし、一座の座頭・仙蔵は金座役人・横川と結託し、金を札差・大国屋を通じて横流しして利益を山分けしていた。金座役人・平岡はこれに気付き…。

第26話 「主水、殺しに遅刻する」
下総浦安の漁師・朝次が、奉行所へ訴えてきた。浦安ではヤクザの浜乃屋幸二郎が代官・神谷直邦と結託し、旅篭で儲けるために漁師たちの家を取り壊しているという。その頃壱は、年増の女郎・お志満と親しくなる。

第27話 「主水、トカゲのしっぽ切りに怒る」
勘定吟味役・神尾主膳は、呉服問屋・越後屋などから賄賂を受け取り、その噂が広まると下役に罪を押し付け自殺に追い込んだ。さらに神尾の部下・沼田らは若手の勘定方・若杉仙太郎に目を付け、賄賂を掴ませる。

第28話 「何でも屋の加代、求婚される」
紅屋の主人・弥七が刺殺された。その前日に酩酊した弥七を目撃した主水は、阿片中毒を疑って小石川養生所の医師・矢沢玄斉に死体の鑑定を依頼。ところが結果は白で、顔色が悪いのも肝臓病のせいだという。

第29話 「主水、まっ青に染められる」
大奥の権力者・中年寄の水島は、幻の染物・あじさい染めを入手しようと御広敷番頭・松倉典膳に厳命。この命を請けた染物問屋・阿波屋の番頭・宗兵衛は、老職人・富吉にあじさい染め作りを強要するのだが…。

第30話 「主水、年上妻にあこがれる」
お座敷での綱渡りがウリだった芸者・鶴吉は、心を入れ替え、常磐津を教わり芸を磨こうとしていた。だが鶴吉の旦那だった飛騨屋は、ある目的のために特別な見世物を計画し、彼女にもう一度綱渡りを強要する。

第31話 「加代、究極の美男に惚れる」
加代は、記憶を失ったひげ面の男と遭遇。その男はひげを剃ると美男で、一目惚れした加代は彼を新太郎と名付ける。その頃巷では、料亭・松屋と菊水のどちらが将軍家御台所様の休息所に選ばれるかが騒がれていた。

第32話 「鍛冶屋の政、水中で闘う」
政は、殺し屋集団に襲撃されたが逃げ延びることに成功。そんな中、竜の家から首なし死体が見つかった。何者かが政、竜、加代の首にそれぞれ50両の賞金を懸け、殺し屋集団が政たちの命を狙っていたのだ。

第33話 「主水、裏ワザで勝負する」
田中の後任に筆頭同心・小堺兵馬が赴任。兵馬は、裏稼業のことを知っているかのような言葉を口にし、主水を班長に任命した。そんな中、何者かに闇の会が乗っ取られ、加代は兵馬殺しの仕事を押し付けられる。

 

unextで「必殺仕事人V 激闘編」の作品詳細ページを見る

継続時の支払いは楽天カードがおすすめ

 

unextなどの動画サービスを継続する場合の支払い方法ですが、

もし、まだ楽天カードを持っていない場合は

発券しておくとかなりお得なので、私も使っているおすすめの方法を紹介しています。

(※記事更新時点での情報になります。)

 

1 割引(相殺)として

動画サービスの年会費や月額費用ですが楽天カード入会時に貰える

7,000ポイントでの支払もできるので

⇒実質7,000円引きになります。

 

例えば、Amazonプライムの場合は年会費が3,900円ですが

楽天カードに入会して、もらったポイントを使うことで年会費が実質タダになります。

 

unextやhuluなどの月額支払いの場合でも同様です(・∀・)b

 

2 固定費の支払いでもらえるポイントを使う

動画サービスの利用料の支払方法として、クレジットカードがありますが、

⇒楽天カードの場合は還元率が1%に設定されています

(一般的には0.5%の還元が多いです。)

 

動画サービスの支払い以外でも毎月利用料が発生する

・携帯料金

・インターネット料金

・公共料金の支払い

などでも、ポイントがもらえるので

楽天カードでの支払いにしておくと便利かつお得です。

(私がこのパターンです。)

 

買い物や公共料金の支払いなどで月10万円程度の支払いがある場合は、

楽天カードにまとめるだけで(切り替え)1,000円分程度のポイントが還元されるので

⇒動画サービスの利用料は実質タダもしくは格安で利用も可能だったりします。

 

必殺仕事人5 激闘編を見るついでに楽天カードもゲットしておいて損はないかと思います(・∀・)b

 

動画サービスの支払いは楽天カードでお得に

楽天カード

 

U-NEXT31日間無料キャンペーンページはこちらから

>>ドラマ「必殺仕事人V 激闘編」動画を無料で見に行く<<

 

 

更に詳しくU-NEXTを知りたい

U-NEXTの口コミ、料金やシステムについてのまとめ