アニメ「こみっくがーるず」の動画を視聴する方法について書いています。

U-NEXT

(こみっくがーるずは2019年6月30日 23:59まで配信)

 

unextで「こみっくがーるず」の作品詳細ページを見る

 

U-NEXTでこみっくがーるずを視聴する手順

 

 

1 unextの無料トライアルキャンペーンに申し込む

2 ログインしたらメニュー(右上)からこみっくがーるずを検索

3 好きな話を選んで動画を視聴開始

 

こみっくがーるずは見放題作品になっているので、無料トライアル期間中は

配信されている話は全話見放題で見る事ができます。

 

また、こみっくがーるず以外にもunextは見放題で見れるアニメ作品が

2200タイトル前後(記事更新時点)あるので

期間中は無料でたっぷりと楽しみ放題です(・∀・)b

 

リアルタイムで放送されているアニメも

見放題で配信されている作品が多いので、

私はunextにかなりお世話になっています。

 

unextのまとめ

・31日間「見放題」と書いてある作品は見放題(50000動画以上

・トライアル申し込み時に600ポイントもらえる

・31日以内に解約すれば無料

 

U-NEXT31日間無料キャンペーンページはこちらから

>>アニメ「こみっくがーるず」動画を無料で見に行く<<

「こみっくがーるず」の作品詳細

こみっくがーるず 作品詳細

萌田薫子は、15歳の高校生にして4コマ漫画家。漫画家専用の女子寮に越してきた彼女は、少女漫画家の小夢、TL漫画家の琉姫、少年漫画家の翼らと出会う。薫子は楽しい仲間たちに囲まれながら、今日もネームにペン入れ、仕上げや徹夜作業をこなしていく。

声の出演
(萌田薫子)赤尾ひかる
(恋塚小夢)本渡楓
(色川琉姫)大西沙織
(勝木翼)高橋李依
(花園莉々香)遠藤綾
(編沢まゆ)津田美波
(虹野美晴)七瀬彩夏
(怖浦すず)上田麗奈

監督 徳本善信
原作 はんざわかおり
アニメーション制作 Nexus
キャラクターデザイン 齊藤佳子
音楽 末廣健一郎
総作画監督 齊藤佳子
(ユーネクストより)

こみっくがーるず 各話あらすじ

第1話 「アンケート ビリですか!?」
漫画家を目指す女子高生の萌田薫子(P.Nかおす)。ある日、担当編集者の編沢から電話が入り、読者アンケート結果がビリだったと知らされる。打ちのめされたかおすは、女子漫画家寮に入居しないかと提案される。

第2話 「今日から学校でした」
寮生活にも慣れたかおすは、翼、琉姫、小夢らと画材屋に行くことになった。まずかおすを待ち受けたのは、都会名物の満員電車だった。何とか脱出した彼らは、かおすの希望でアニメイトへ寄り道することに。

第3話 「プニプニポヨンですね」
編沢にネームを見てもらっているかおす。以前食べたクレープを押し出した作品だったが、擬音が気持ち悪くボツに…。そこへ琉姫と小夢がやって来て、なぜかおすが女子高生をうまく表現できないのかを考える。

第4話 「くんずほぐれつランデヴー」
琉姫が締め切りに間に合わず、徹夜していることに気づいたかおす。しかし、彼女たちは学校に行かねばならない。徹夜続きの琉姫はまともな学園生活を送ることができず、ほかの学生や先生に迷惑をかけてしまう。

第5話 「編沢さんコスプレするんですか?」
夏だからという理由で海に来た4人。小夢が水着を着て準備万端なのに対して、ほかのみんなは水着を着ていなかった。せっかく来たのだからと小夢にせかされ、水着を着る3人。1人だけワクワクしている小夢だが…。

第6話 「丸刈りにしてきます」
夏の夜、かおすは浴室の窓の外に長い髪の女性を見る。かおすが絶叫していると翼、琉姫が見に来る。幽霊を見たとかおすが説明していると、小夢の悲鳴が。駆けつけると、そこにいたのはホラー漫画家・怖浦すずだった。

第7話 「ここは天国ですか!?」
小夢の連載が決まったと不意に聞いてしまうかおす。小夢のお祝いの後、にゃおす先生について行ったかおすは、怖浦先輩が締め切り前で忙しくしている場面に遭遇する。先輩に同情し、ベタ張りを助けるかおすだが…。

第8話 「わんにゃんにゃんわんまつり」
毎回編沢にきつく言われるかおすは今回もボロボロに。そんなかおすを心配する3人だがいいアドバイスが見つからず、とりあえず試験勉強を始める。小夢とかおすは試験勉強の仕方が分からず、翼と琉姫と勉強会を開く。

第9話 「かおスパイラル」
小夢のカラー掲載が決まって喜ぶかおすだが、なかなかネーム案が浮かばずにいた。そんな時は小夢は外出するらしく、かおすもついて行くことにするが、結局予定が合わさり4人で外出することに。

第10話 「みちるばっかり愛されてずるい」
とうとうクリスマスがきた。琉姫は恋人関係の行事になると漫画と現実のギャップに落ち込み、ネームから逃げていた。暗い気分のまま部屋へ帰ると、みんなが琉姫のサプライズ誕生日会を開いていた。

第11話 「人生のピークがきたんです」
進路希望調査票を出した琉姫は、みんなに書いたかどうかを問う。もちろんみんな第一志望は漫画家だが、第二志望を書かなければならない。琉姫は保育士、小夢はお菓子屋など各々考えてはいるが、かおすは悩んでいた。

第12話 「いってらっしゃいませ 立派な漫画家さまたち」
前編が高評価との連絡を受け喜ぶが、後編を提出すると編沢にコテンパンにされるという夢を見て焦るかおす。カレンダーを見ると、退寮日と締め切りが重なっていた。そんななか、寮のみんなで記念撮影をすることに。

 

U-NEXT31日間無料キャンペーンページはこちらから

>>アニメ「こみっくがーるず」動画を無料で見に行く<<

継続時の支払いは楽天カードがおすすめ

 

unextなどの動画サービスを継続する場合の支払い方法ですが、

もし、まだ楽天カードを持っていない場合は

発券しておくとかなりお得なので、私も使っているおすすめの方法を紹介しています。

(※記事更新時点での情報になります。)

 

1 割引(相殺)として

動画サービスの年会費や月額費用ですが楽天カード入会時に貰える

7,000ポイントでの支払もできるので

⇒実質7,000円引きになります。

 

例えば、Amazonプライムの場合は年会費が3,900円ですが

楽天カードに入会して、もらったポイントを使うことで年会費が実質タダになります。

 

unextやhuluなどの月額支払いの場合でも同様です(・∀・)b

 

2 固定費の支払いでもらえるポイントを使う

動画サービスの利用料の支払方法として、クレジットカードがありますが、

⇒楽天カードの場合は還元率が1%に設定されています

(一般的には0.5%の還元が多いです。)

 

動画サービスの支払い以外でも毎月利用料が発生する

・携帯料金

・インターネット料金

・公共料金の支払い

などでも、ポイントがもらえるので

楽天カードでの支払いにしておくと便利かつお得です。

(私がこのパターンです。)

 

買い物や公共料金の支払いなどで月10万円程度の支払いがある場合は、

楽天カードにまとめるだけで(切り替え)1,000円分程度のポイントが還元されるので

⇒動画サービスの利用料は実質タダもしくは格安で利用も可能だったりします。

 

こみっくがーるずを見るついでに楽天カードもゲットしておいて損はないかと思います(・∀・)b

 

動画サービスの支払いは楽天カードでお得に

楽天カード

 

U-NEXTの31日間無料キャンペーンページはこちらから

>>アニメ「こみっくがーるず」動画を無料で見に行く<<

 

 

更に詳しくU-NEXTを知りたい

U-NEXTの口コミ、料金やシステムについてのまとめ